電池持ちを良くする

iPhoneを長く使い続けているとバッテリーが劣化してしまい、すぐに電池がなくなってしまいます。バッテリーを交換することでそういった悩みは解消されますが、バッテリーを交換する前に、バッテリーの持ちを良くする方法を試してからでも遅くありません。

iPhoneのバッテリーの持ちを良くするために最初に行うべきなのは、iPhoneの中で使っていないアプリや機能をオフ、または削除をする方法です。iPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンをタップし、「バッテリー」をタップしてください。その画面の下の方にバッテリーの使用状況が表示されます。表示された内容を確認し、使用していないものがあれば削除するようにしてください。

次に設定して欲しいのが、「明るさの自動調整」の機能をオフにすることです。明るさの自動調整機能は、非常に便利な機能なのですが、頻繁に屋外と屋内を行き来するような方の場合には、電池の消費は著しく増えてしまいます。iPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンをタップし、「画面表示と明るさ」をタップしてください。表示された画面の「自動」をオフにすることで自動調整機能をオフにすることができます。

MENU

片手で操作する

ホーム画面の整理

リンク集

サイトマップ

Copyright © iPhoneの機能や使い方, All rights reserved.